現役生活「誇らしく思う」=トーレスが引退会見-サッカー元スペイン代表

サッカー元スペイン代表、J1鳥栖のFWフェルナンド・トーレス(35)が23日、東京都内で記者会見し、「常に高い意識を持ち、高いレベルを求めてサッカーをやってきた。今は自分が求めるレベルに達していない」と正式に引退表明した。現役最後の試合は8月23日にホームで行われる神戸戦。トーレスはスペイン代表として2008、12年の欧州選手権連覇や、10年ワールドカップ(W杯)初優勝に貢献。母国のアトレチコ・マドリードやリバプール(イングランド)など欧州の強豪クラブでプレーし、昨年7月、鳥栖に入団した。【時事通信映像センター】

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp