明石市長が再び暴言で謝罪 「もう議員辞めてしまえ」

明石市の泉市長が会見を開き、新年会の席で市議に対し「もう議員辞めてまえ」と暴言を浴びせたとして謝罪しました。

会見を開いた泉市長によりますと、13日、市内で開かれた新年会で2001年の歩道橋事故の後に中止されている「明石市民まつり」の再開を巡り、石井宏法市議(38)と口論になり「もう議員辞めてまえ」と発言したということです。

当時、泉市長は飲酒しており、その場で発言を撤回し謝罪したということです。

泉市長は市の幹部に対し「火を付けて捕まってこい」などと発言したことが発覚し2019年2月に辞職し、3月の出直し市長選で当選。 暴言の発覚後は怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」を受講するなど再発防止に努めていました。