石川県能登半島地震 気象庁が会見で「引き続き強い地震に警戒を」(2024年1月8日)

石川県能登半島地震の発生から8日で1週間が経ちますが、気象庁は引き続き、強い揺れの地震への警戒を求めています。
気象庁地震火山部 束田進也 地震火山技術・調査課長「地震活動は依然として活発な状態が継続しています。今後1カ月程度、最大震度5強程度以上の地震に注意してください」
気象庁によりますと、地震活動は引き続き活発で、2004年の「新潟県中越地震」や2016年の「熊本地震」などと比較しても地震回数は、多く推移しているということです。その上で、「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっているので、復旧活動を行う際は十分注意してほしい」と呼びかけました。

#束田進也地震火山技術調査課長 #能登半島地震 #新潟県中越地震 #熊本地震 #地震回数

WBS、モーサテ、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題!
「番組未公開」コンテンツも盛りだくさん。
日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。

▼▼「テレ東BIZ」はこちら(無料でお試し)▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=video