海保・日航トップが事故後初会見で謝罪(2024年1月17日)

羽田空港で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故後、初めてそれぞれのトップが定例会見を行い、事故について謝罪しました。
石井長官「国民の皆様についてご迷惑をおかけしたことについて深くお詫び申し上げます。かけがえのない職員の命を失ったことは痛恨の極み」
石井長官は、安全対策のために運航マニュアルの緊急点検を行ったと説明しました。事故の原因については発言を控え、「事故調査で判明した事実に基づき再発防止を徹底する」と強調しました。一方、日本航空の赤坂社長は定例会見で「ご心配ご迷惑をおかけし、おわび申し上げる」と陳謝した上で、乗客と乗務員全員が無事だったことについて次のように述べました。
赤坂社長「乗務員は日ごろの訓練を存分に生かしてくれた。搭乗のお客様の理解と協力があってこそだったと心から思う」

#羽田空港 #JAL #海上保安庁 #石井長官 #赤坂社長

WBS、モーサテ、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題!
「番組未公開」コンテンツも盛りだくさん。
日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。

▼▼「テレ東BIZ」はこちら(無料でお試し)▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=video