窪田正孝、再会した三池崇史監督は「鋭利なものが丸くなった」 映画「初恋」日本外国特派員協会記者会見

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の窪田正孝さんと三池崇史監督が2月25日、東京都内で行われた映画「初恋」(2月28日公開)の日本外国特派員協会記者会見に出席した。ドラマ「ケータイ捜査官7」以来、約10年ぶりにタッグを組んだ三池監督の印象を聞かれた窪田さんは「当時19歳で右も左も分からない現場で、監督に届けという思いでやっていた。10年たって会ったらサングラスもすごく柔らかくなって昔のキリッとした鋭利なものが丸くなっていて。僕も少し緊張が解けたのかしゃべりやすくなっていた。それが10年の変化なのかな」とコメント。三池監督も「鏡を見ると10年、年取ったなって。窪田君は10年でずいぶん出世したな」と切り返し、周囲を笑わせていた。

 そんな窪田さんだが、「そうそうたる役者さんが三池さん監督とやりたいって思う、その魅力というのが三池さんの現場にはある。そこにまだ右も左も分からない自分が触れられたワクワクする環境を最初に与えられたからこそ、違う現場に行ってみて、三池さんの“遠さ”みたいなものを改めて感じました」としみじみ語った。

 また、三池監督は今作のヒロインに小西桜子さんを抜てきしているが、オーディションでは、「受ける人がドアから入ってきたときに、その役を演じるために生まれたんじゃないかと思えるようなエネルギーを感じるかを一番大事にしている」と説明。「そのことを少し自信を持って言えるのは、10年前のオーディションで窪田君がドアから入ってきた瞬間にホッとしたか」といい、「小西さんは演技の経験はないし、技術的にはまだまだこれからでしょうけど、自分とこの作品にとっては、そのために存在していたと思えるエネルギーを持った人。出会えて良かった」と絶賛した。

 窪田さんは、小西さんの印象を聞かれると「知らない間に芝居の答えを技術でつけてしまう癖というものが身についていて、彼女を見て心が洗われる感覚になった。芝居をしたことがないからこそ、そこの答えが無限にある。監督の演出に純粋に応えていける柔軟さをすごく痛感した」と原点に立ち返ったと話し、「10年前のことを思い出したし、彼女が10年たったときに越されないようになと思いました」と決意を新たにしていた。

 映画「初恋」は、三池監督初のラブストーリーで、舞台は新宿・歌舞伎町。負けるはずのない相手にKOされ、運び込まれた病院で、自分の余命がわずかだと突き付けられて自暴自棄になっていたプロボクサーの葛城(窪田さん)が、不遇な家庭環境からアンダーグラウンドと関わるようになった少女モニカ(小西さん)を助けたことで、ヤクザやチャイニーズマフィア、悪徳刑事といったならず者たちの争いに巻き込まれ……というストーリー。