慰安婦支援団体元代表茶番会見。疑惑はほぼ全否定も、その証拠は提示せず。しかし右派も攻勢にでれず、韓国右派が左派に飲み込まれていく

慰安婦支援団体元代表ユンミヒャンが寄付金不正流用などの疑惑解明のための会見。疑惑はほぼ全否定するもほとんも内容はなし。しかし『親日派』と言われるのを恐れ野党や韓国右派は攻勢に出られず。このまま左派に飲み込まれ、乗っ取られる方向へ。日本への道徳的優位性を重視したため韓国右派・保守派は滅びる。