【8/11長野県会見】大町で2人が新型コロナ感染・県内で2つのクラスター認定 長野

長野県内で新たにいずれも大町市の20代の女性と50代の男性の2人が、新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。
2人は、カラオケがある飲食店の従業員と客で、ほかにも感染者がいることから県はクラスターと認定しました。

新型コロナ感染が確認されたのは、いずれも大町市に住む20代の飲食店従業員の女性と50代の客の男性の2人で、8月3日に、同じ店の中にいました。
この日は、きのう感染が分かった安曇野市の40代の女性が働いていたほか、8日に感染が分かっている同じ会社に勤める2人、また2人と一緒にやってきた県外からの客が訪れていて、あわせて6人のクラスターと認定されました。
県は店について「名簿がきちんと作成されていて現時点で連絡が取れている」とし、不特定多数への感染のおそれがないとして、名前や所在地を公表していません。
一方、今回クラスターと認定されたうちの3人は、この店を訪れる前に別の飲食店で食事をしていました。
参加したのはあわせて8人で、3人のほかに参加した2人がコロナに感染したことが分かっています。
会食には東京に本社がある信明電機の大町工場の従業員3人と、岡谷市の技術開発室の1人、それに県外から訪れた4人が参加していました。
県は、この会食もクラスターと認定しました。

長野県内において、新型コロナウイルス感染症の感染者(患者等)が2例確認されました。
(133~134例目)

県内感染者(患者122例、無症状病原体保有者12例)

■133例目(患者)

  1.年 代 20代

  2.性 別 女性

  3.居住地 大町市

  4.職業等 会社員

  5.症状、経過、行動歴等

   8月 8日 喉の違和感が出現

   8月 9日 咽頭痛が出現
        大町保健所に相談
        128例目から131例目までの疫学調査の結果、検査が必要と判断されたため、大町保健所の調整で感染症指定医療機関を受診し、検査を実施

   8月10日 発熱がみられたため、再度、大町保健所に相談
        感染症指定医療機関を受診
        検査の結果、陽性が判明
        感染症指定医療機関に入院

  6.濃厚接触者 家族1名
         知人3名
         その他調査中

■134例目(患者)

  1.年 代 50代

  2.性 別 男性

  3.居住地 大町市

  4.職業等 自営業

  5.症状、経過、行動歴等

   8月 9日 発熱、鼻汁等が出現

   8月10日 大町保健所に相談
        128例目から131例目までの疫学調査の結果、検査が必要と判断されたため、大町保健所の調整で感染症指定医療機関を受診
        検査の結果、陽性が判明
        感染症指定医療機関に入院

  6.濃厚接触者 家族4名
         知人1名
         その他調査中

◎SBCアプリならニュース速報やライブ配信をいち早くお届けします。
https://sbc21.co.jp/app/