JP最新ニュース ヤクルト五十嵐が引退会見「結果が出なかったら引退の覚悟」 決断は8月に入ってから

ヤクルト五十嵐が引退会見「結果が出なかったら引退の覚悟」 決断は8月に入ってから
現役最長プロ23年目、日米通算905試合登板、日本での822試合登板は歴代7位
 今季限りで現役を引退するヤクルトの五十嵐亮太投手が15日、都内で記者会見を開いた。豪速球を代名詞に、現役最長だった23年間のプロ生活に終止符を打つ41歳は「平坦な道のりではありませんでしたが、人の縁に恵まれここまで来れました。プロ野球選手になって良かったと心から思えることに感謝しています。夢見てやってきて良かった」と晴々と語った。