20190603立川市長定例記者会見

6月の第2回市議会定例会では、
一般会計に関する3つの報告と、
都市計画税条例の一部改正をはじめとする
26の議案が提出されます。

定例記者会見では、清水市長から
「立川市の受動喫煙防止対策」と
「自治会等を応援する
条例制定記念シンポジウム開催」について
発表がありました。

受動喫煙防止対策では、
健康増進法改正および
東京都受動喫煙防止条例制定
に伴う対応として、
今年7月1日から市役所敷地内を
完全禁煙とすることを発表。

市役所敷地内に2か所ある
喫煙所を使用禁止とし、
喫煙所の撤去費用187万円を
6月議会の補正予算案に盛り込みます。
加えて市職員の勤務時間中の喫煙も禁止となります。

また、多摩地区で初となる
「立川市自治会等を応援する条例」を
施行したことを記念して、
7月に記念シンポジウムを
開催することを発表。
地域コミュニティ研究に豊富な経験を持つ
首都大学東京の教授による講演や、
先進自治体の事例発表、
関係者によるパネルディスカッションなどが
行われる予定とのことです。

最後に記者からの質問で、
今年9月に市長としての
任期満了を迎えることに対しては、
関係各所と相談を行い、6月末には
今後について判断したいと答えました。