日本ハム武田、矢野コーチ会見「遊び心交えながら」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

来季から日本ハムの1軍首脳陣に加わる武田勝投手コーチ(41)と矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐(39)が23日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で就任会見を行った。 4年ぶりの復帰となる武田投手コーチは今季まで3年間、球団からBCリーグ石川に派遣され、フロント業や監督を務めてきた。「石川県での3年間は私自身、本当に1人の社会人として育ててくれた場所だと思っています。その感謝の気持ちを込めて、まずは指導者として、ファイターズのために、ファンのために尽力を尽くしていくのが当たり前。その中で、いつも私が思っている“遊び心”を交えながらピッチャーを育てていきたいと思いますので、そこに注目していただきたいと思います」と所信表明した。 矢野外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐は今季、球団が提携するレンジャーズへ派遣されていた。「まず、今年1年、私をコーチ留学に送り出してくださった吉村GM始め、ファイターズのみなさま。そして、向こうに行っている間もサポートしてくださった札幌の事務所の方々に心より感謝を申し上げたいと思います。そして、テキサス・レンジャーズのスタッフ、監督、コーチ、みなさん。私のことを快く受け入れてくださいました。この場をお借りして、御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました」と関係者に感謝の思いを述べた。  本格始動する指導者としては「教えるというよりは、私の場合は選手と一緒になって作りあげていくという意識を持って、やっていきたいと思います。なので、選手が何をしたいのか、どういう選手になりたいのか。しっかり理解して、見極めて、それに最適なものを私が提供する。分からない時やうまくいかない場合は、選手と一緒になって作り上げていくことを心に置いて、やっていきたいと思っています」と意気込んだ。 会見に同席した栗山監督は「2人とも一緒に戦って、いろんな経験をしてもらって、チームに帰ってきてもらう。これは本当に立場上、一番うれしいことでもある。ただ、そういう意味ではなくて、チームは来年、何が何でも勝たなきゃいけない状況で2人に、ある意味、無理やり戻ってきてもらう。すべてを信じて任せていきたいと思いますので、末永く、よろしくお願いします」と期待を込めた。