上映取りやめた白石監督ら会見、上映見送りに抗議 – シネマ : 日刊スポーツ

映画製作会社の若松プロダクションが29日、都内で会見を開いた。同プロは前日28日、川崎市で開催中の「KAWASAKIしんゆり映画祭」(11月4日まで)が、従軍慰安婦問題をテーマにしたドキュメンタリー映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)の上映を予定しながら見送ったことに抗議し、上映予定だった「止められるか、俺たちを」と「11・25自決の日~三島由紀夫と若者たち」の上映を取りやめたと発表していた。 2作品は、映画祭で企画された俳優・井浦新(45)の特集企画「役者・井浦新の軌跡」の中で上映される予定だった。若松プロは、川崎市から「訴訟になっている作品を上映することで、市や映画祭も出演者から訴えられる可能性がある、市が関わる映画祭で上映するのは難しいのではないか」という「懸念」を示されたと明らかにした。 止められるか、俺たちを」の白石和彌監督(44)は、会見で <1>「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」の展示中止と文化庁が決定した補助金不交付問題 <2>文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」が、麻薬取締法違反で有罪判決を受けたピエール瀧が出演する「宮本から君へ」の助成金交付内定を「国が薬物を容認するようなメッセージを発信する恐れがある」との理由で取り消した問題 を引き合いに、今回の問題が、その延長線上にあると強調。「国や自治体の、いろいろな懸念の中で表現の自由が奪われていく中で『主戦場』のことを知り、話し合った。映画製作者にとって、上映する機会がなくなるのは本当につらい。この流れに異議申し立てをして、上映取りやめもあるのじゃないかと。井浦新さんとも、いろいろな方と相談した」と語った。 「止められるか、俺たちを」の脚本を担当した井上淳一氏(54)は、川崎市から映画祭事務局に「主戦場」の上映見送りの連絡があったのは8月4日だと明かした。同日は「表現の不自由展・その後」の展示が中止された当日で、同氏は「川崎市のお金で、慰安婦の映画をやっちゃマズイと、僕は推測した。来場者の安全を担保できないという、無自覚な表現の制限が問題」と憤りをあらわにした。 若松プロは、KAWASAKIしんゆり映画祭で販売された前売り券の払い戻しについて、同社で負担するとした。また観客から鑑賞の機会を奪ったことに対し、映画祭の会場に近い川崎市の麻生文化センターで11月1日に「止められるか、俺たちを」、同4日に「11・25自決の日~三島由紀夫と若者たち」の無料上映を行うと発表した。両日とも、観客へのティーチイン(質疑応答)が行われる。【村上幸将】