日銀黒田総裁が記者会見 (2019/10/31)

日銀は31日の金融政策決定会合で、政策金利の先行き指針(フォワードガイダンス)を修正し、将来の利下げの可能性を示した。政策金利について「現在の長短金利の水準、またはそれを下回る水準で推移することを想定している」と明記した。一方、米中貿易戦争の緊張緩和や円安・株高の市場環境を踏まえ、マイナス金利の深掘りなど追加緩和は見送った。黒田東彦総裁は午後3時半から記者会見した。

【日経電子版】 https://www.nikkei.com/
※日本経済新聞社の動画について改ざんや、許可なく商用・営利 目的で利用することを禁じます。